MENU

アイフルってどんな会社?

アイフルは、はじめて借り入れる人や周りに借り入れることを知られたくない人のニーズに応えるサービスが多く、スピーディな審査と柔軟な対応で高い評判を得ています。

 

最短30分で完了する審査で即日融資も可能なうえ、急いでいるならインターネット申し込み後、申し込み受付メールが来た後にフリーダイヤルで連絡すれば優先的に審査を始めてもらうこともできます。30日間無利息期間も提供されており、金利負担も軽減することができます。

 

サービスだけでなく、借金をまとめることができる「かりかえMAX」と「おまとめMAX」、住宅や自動車、教育、ブライダルといった目的に合わせた「目的型ローン」、事業主をターゲットにした「事業サポートプラン」、女性向けキャッシング「SuLaLi」など、商品面でも充実しています。

 

さまざまな人に合わせたローン商品とサービスにより、アイフルは非常に利便性の高い消費者金融なのです。

 

アイフルを利用するメリット

アイフルは、初めての方や女性でも安心して利用できるように、さまざまなサービスを提供しています。申し込んだことが周りへバレないための配慮もされており、カードの配達時間を選べる消費者金融は現在(2016年9月)のところアイフルだけです。

 

最短30分審査でスピーディに対応してくれる

アイフルでは、最短30分で審査結果を出してもらうことが可能ですが、どんな申込方法でも対応してくれるわけではありません。インターネットや無人契約でんわBOX「てまいらず」など、スピーディかつスムーズなやり取りができるものに限られます。

 

また、必要書類などの準備もしておく必要があります。必要なものがそろっており、営業時間や提示されている時間内に契約できれば即日融資してもらうことができます。しかし、審査が必ず30分で完了する保証はありません。そのため、できるだけ余裕をもって申し込んでおく必要があります。

 

また、急いでいる場合は、インターネットで申込を行なった後、申し込み受付完了メールが届いてからフリーダイヤルに急いでいることを伝えると、優先的に審査をしてもらうことができます。無事に審査に通れば、最寄りの店舗で契約してカードを発行してもらうか、銀行振込で即日融資を受けられます。

 

カードの配達時間が指定できる

店舗でカードを発行してもらうのではない場合、カードは郵送で送られてきます。ここで借金がバレてしまうのではないかと不安に思う方は少なくありませんが、基本的にどの消費者金融でも家族にバレないよう配慮しています。

 

しかし、アイフルではもう一歩進んだサービスを提供しています。それが「配達時間えらべーる」です。「配達時間えらべーる」は、その名のとおり自分に都合のいい配達時間を選べるサービスです。自分が家にいる時間帯や家族が外出している時間帯などを指定してカードを受け取ることができます。

 

時間帯は6種類から選ぶことができ、午前中、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、19時~21時、となっています。

 

30日間無利息期間が利用できる

アイフルでも30日間無利息期間サービスを行なっています。目新しいサービスではありませんが、利息をゼロにできるサービスがあるのは利用者にとっても大きなメリットです。

 

アイフルの30日間無利息期間は、初回借入時のみ適用され、適用期間が始まるのは契約した翌日になります。

 

利用開始日が伸びてしまうとそれだけ無利息期間を活用できる期間が短くなってしまいます。できるだけ早く利用を開始して、うまく活用しましょう。利息をゼロにできれば、支払わなければならない返済の負担やストレスもそれなりに軽減されます。

 

女性専用ダイヤルを利用すれば女性も不安なく借りられる

アイフルには、女性専用フリーダイヤルがあります。初めての申し込みで不安を感じている女性の方も、女性オペレーターが対応してくれることで、不安を大きくやわらげることができます。

 

それに加えて、アイフルでは女性専用カードローン「SuLaLi」という女性専用のカードローンも提供しています。「SuLaLi」を申し込む場合は通常の女性専用フリーダイヤルではなく、「SuLaLi」専用ダイヤルに連絡する必要があるので、間違えないようにしましょう。

 

アイフルは不便な面もある

 

利便性の高いアイフルですが、決して欠点がないわけではありません。よく調べておかないと人によっては使いにくかったり、不快な思いをすることもあります。

 

契約してから後悔しないためにも、デメリットも把握しておく必要があります。

 

即日融資の条件がはっきりしていない

アイフルは即日融資も可能としていますが、申し込みの時間帯次第では翌日になります。ではいつまでに申し込めばいいのでしょうか?残念ながらアイフルのホームページを確認しても、申し込み受付時間(9:00~21:00)はあっても、即日融資してもらえる時間は明記されていません。

 

店舗や無人契約でんわBOX「てまいらず」を利用すればその場でカード発行してもらえるとはいえ、店舗までいけない方やインターネットで契約したい方にとって、何時までに契約すれば即日融資をしてもらえるのかが分からないのは不安でしかありません。フリーダイヤルに連絡して審査時間を短縮してもらえたとしても、申し込んだ時間が即日融資してもらえない時間帯であった場合は融資は翌日以降になってしまい、審査を短縮する意味もなくなってしまいます。

 

振込キャッシングは使い勝手が悪い

即日融資のみならず、銀行振込できる時間帯が明記されていません。会員ページから振込予約ができるようになってはいますが、いつまでに予約すれば当日振込みしてもらえるのかが分かりません。ただ、銀行の営業時間を考えて午前中に予約しておけば当日中に振り込んでもらえる可能性は高くなるかもしれませんが、それでも情報がはっきりしていた方が安心できるものです。

 

また、銀行振込でキャッシングをする場合、銀行口座を登録する必要があるのですが、店頭窓口や契約ルームで登録・変更を行なわなければならないため、少々手間がかかります。会員ページなどでの登録・変更は、現時点(2016年9月)ではできないようです。

 

提携ATMは基本的に全て有料

自社ATMの手数料は無料ですが、提携ATMは全て有料となっています。取引内容によっては手数料がない場合もあるようですが、これもはっきりとした内容は書いていません。

 

他社の場合、提携ATMでも一部無料であったり、無料にできる条件やサービスをしっかり明記しているところが多い中、アイフルは手数料無料になる可能性があっても情報がないため、魅力は半減してしまうでしょう。1回の利用手数料は数百円程度とはいえ、できるだけ余分な出費を抑えたい人にとっては大きなデメリットになります。

 

利用者の評価は?

 

アイフルのメリットとデメリットを見てみましたが、最後に利用者の口コミも確認しておきましょう。それぞれの状況は違うとはいえ、その情報は実際の使い勝手やどのような対応を行なっているかなど、実際に申し込み・連絡を取ってみなければ分からない部分を少しでも知るための大事な手段です。

 

肯定的な評価
  • 申し込んだらすぐに融資してもらえた
  • 少額で申請したらその倍の金額を融資してもらえた
  • 信用情報に自信がなかったが、問題なく借りられた
  • オペレーターの対応がよかった

融資してもらえるという評価はあってしかるべきですが、それでも今から申し込む方にとってこの評価は多いほうが心強いものです。限度額に関しては、個人の年収や返済能力がどのように評価されるかで決まるため、可能性はあるとしても過度の期待は禁物です。

 

オペレーターの評価が高ければ、何かあったとしても安心して連絡が取れるので、口コミの中でも大事な評価と言えます。

 

否定的な評価
  • 審査に時間が掛かりすぎる
  • 否決されたときの連絡が来ない
  • オペレーターの対応が悪い

審査時間は、申し込む時期や混雑具合、情報に不備や漏れがないかなどによって変わってきます。これはどの金融会社でも直面する問題です。少数意見ですが、審査結果が来ないこともあるようです

 

連絡が来ないのは、審査が長引いている、電話で連絡が来ると思い込んでメールを確認していない、受信拒否設定を解除していない、メールアドレスを間違えて登録している、などが考えられます。

 

オペレーターへの評価はどうしても二分されてしまいます。経験の浅いオペレーターやプロ意識の低いオペレーターに当たってしまう可能性は少なからずあるからです。ただ、オペレーターへの悪評は春~初夏にかけて多くなる傾向にあり、新入社員が多くなる時期と重なるので、それらの時期を避けるのもひとつの方法かもしれません。