MENU

アイフルは問題を抱えていても利用できる?

まれに「ブラックでも利用できた」、「借入件数が6件でも審査に通れた」という口コミが投稿されていることがあります。これを見るとアイフルは、審査が緩く、問題を抱えていても利用できるようなイメージを持つかもしれません。

 

大手金融会社は、ブラック状態になっている方に融資を行なうことはありません。アイフルは本当に審査の緩い、誰でも利用できる消費者金融なのでしょうか?

 

ブラック状態になる原因は?

ブラック情報は、返済の延滞、債務整理、短期間に連続して申し込むなどで、個人信用情報機関に記録されます。

 

返済の延滞は5年、債務整理はどの方法を選んだかによって違いますが、大体5年から10年、申し込みブラックは3カ月程度記録が残り、その間は融資を受けることは一切できません。

 

ブラック状態で融資を受けられないのは、返済能力がないと判断されるためです。返済の延滞も債務整理も契約どおりに返済ができなかった、つまり返済する意思と事実上返済できるだけの収入がなかったために起こるものです。申し込みブラックは、他社で何度も落されているため何らか問題があったと判断されやすくなり、審査に通りにくくなる状態です。

 

申し込みブラックは審査基準次第では通れる可能性がある

申し込みブラックは、返済能力そのものに問題があったというよりも、何度も否決されているから要注意である、という側面が強い状態と考えられます。そのため、ダメもとで申し込んでみたら、問題なく審査に通ったといったことが起こることがあります。

 

これは、それぞれの金融会社で重要視している審査基準が異なる部分があるからです。そのため、否決された理由が独自の審査基準を満たしていなかったことが原因で、返済能力や信用に問題がなかった場合は、審査に通る可能性があるのです。

 

返済の延滞や債務整理によるブラック状態の場合は、解除されるまでは審査に通ることはほぼ不可能です。

 

そのため、「ブラック状態でも通れた」というのは、まだブラック状態だと思い込んでいたものの、実際にはブラック状態が解除されていた、またはギリギリでブラック状態が解除されたタイミングで申し込んで審査に通ったものと考えられます。

 

借入件数は多くても通れるのか?

「借入件数は3件まで、それ以上になると審査に通らない」と言われています。事実、借入件数が3件を超えるとかなり厳しくなりますが、絶対に審査に通らないわけではありません。返済能力が高ければ、借入金額や返済履歴などを考慮してもらえることがあります。

 

また、独自の審査基準で借入件数を重視しているところとそこまで厳しく重視していないところもあります。そういった違いで、借入件数が多くても審査に通れるケースがあるのです。